あんずにっき

元役者が、役者視点でモー娘。や演劇女子部について語りまくります。

モーニング娘。‘17『笑顔YESヌード』、こうなったら「わたしのかんがえたさいきょうのうたわり」を披露しようと思います。

 

 初めに言っておきます。こちらは、もう開き直って、「わたしのかんがえたさいきょうのモーニング娘。を語りまくろうという記事です。

 ということで、先日こちらの記事

ann19.hatenablog.com

でさんざんコレジャナイと言いまくった『笑顔YESヌード』、私なりに各メンバーの個性や魅力や声質を活かせるよう真面目に歌割を考えてみました。

 

 と言っても歌詞を載せるのは著作権うんぬんがアレなので、ちょっと微妙な書きかたになります。わかりづらくてスミマセン。おまけにこだわりポイントも書き記しときます。

 ぜひ原曲を聴きながら、もしくは自分で口ずさみながら歌割を脳内であてはめてみてください(笑)

 

 ところで私あの迷彩の衣装と頭の王冠すごい嫌いなんですがなんでもっとふつうに可愛いの着せてあげないの??? なんでイカツイ強そうなというかちょっと下品な衣装なのにレースの王冠なの??????? 謎すぎる

 

 

 

◆わたしのかんがえたさいきょうのえがヌー

 

 

YES【尾形】 ←はーちんのクリスタルボイス良かった。

 

(フェイク)【小田】

 

溢れる~【加賀】 ←かえでぃーの良さ爆発させるならここしかない。

漂う~【佐藤】 ←とても良いブラックベリーだった

愛して~【加賀】

 

ねえ抱きしめて【工藤】 ←可愛いくどぅーが見たい。くどぅーの声でこんなこと言われたい。

このままじゃ~【譜久村】 ←お色気担当。

でもね【小田】(でもね【横山】)でもね【小田】(でもね【野中】)

LOVELY【譜久村】(LOVELY【尾形】)LOVELY【譜久村】(LOVELY)【牧野】  ←でもねとラブリーは掛け合いの声の対比を大事にしたい。

 

涙が~【石田】

この恋~【工藤】

もう振り返~【石田】 ←だーいしリズム重視で可愛く軽く歌ってくれたらええんやで

 

どうしてそんなに~【森戸】 ←どう考えても森戸ここしかないやろ。

あなたの希望を~【佐藤】 ←技術のいるパートはまーちゃんと小田ちゃんに回す。

唇乾く~【牧野】 ←牧野の魅力が爆発。

 

―サビ―

 

笑顔で眠る【森戸】 ←どう考えても森戸。

 

 (フェイク)【小田】

 

 

キスした~【野中】 ←キスとかそういうのは野中にさりげなく可愛く歌わせるべき

二度目の~【小田】 ←ツァ

誰にも~【野中】 

 

もう乱れ~【工藤】 ←可愛いくどぅーが見たい。くどぅーの声でこんなこと言われたい。

このままじゃ~【譜久村】 ←お色気担当。

でもね【工藤】(でもね【佐藤】)でもね【工藤】(でもね【羽賀】)

LOVELY【譜久村】(LOVELY【生田】)LOVELY【譜久村】(LOVELY【飯窪】) ←声の対比重視。

                             

お茶して~【小田】 ←キレある茶ッ

オシャレな~【羽賀】 ←羽賀ちゃんはカッコいい系のパートがとても似合うと思う。

ほら 二人で~【小田】 ←技術があるとこういうとこはハマる。

 

どうしてこんなに~【横山】 ←どう考えても横山。

世間の~【佐藤】 ←技術担当。

女のカンで~【牧野】 ←牧野の魅力が爆発。

 

―サビ―

 

疲れて眠る【工藤】 ←可愛いくどぅーが見たい。

 

(フェイク)【佐藤】

 

あなたと見てたわ~【飯窪】 ←セクシーアピールせずまっすぐ歌ってくれたら飯窪さんの歌声の魅力が爆発。

願い事を~【尾形】 ←はーちんの歌下手感はめちゃくちゃ可愛いのでそれを活かすべき。

手を強く~【生田】 えりぽんもっと全力で可愛くやっていいのよ。

 

(AH AH)【尾形・飯窪】 ←ここが唯一良かった歌割。

 

―サビ―

 

疲れて眠る【小田】 ←最後に〆る。

 

(フェイク)【小田】

 

 

 

 こんな感じですね。

 小田フェイクで始まり小田フェイクで終わる。間違いなくこれが一番ピシッとまとまる。でもAメロもBメロも小田ばっかりだとしつこすぎるので、小田は山椒みたいな役割でいってほしい。ちょこっと出してピリッとさせる。

 ‘17のえがヌーの問題点は、セクシーアピール激しいうえに声質の被る小田・譜久村・佐藤が連発して歌うことが多いとこなので、軽めの声質や歌い方の子とうまく織り交ぜて使いたい。(ベストなのは全員歌い方変えてくれることだけども)

 サビのユニゾンもなんだかべったりしてるので、組み合わせ次第でもうちょっと変化出せそうだなぁと思うけど、こればっかりは実際の声の相性しっかり聴かないとわかんないよなー

 愛佳パートの「どうして~」のとこは、どう考えても森戸と横山に歌わせるべきだと思うので、ちょっとあの、本当に事務所考えてほしい。

 でもハロプロってあれですね、もともと持ってる歌割ってなかなか手放さないシステムだよね。覚え直すの大変だとかいろいろ理由はあるだろうけど、でもせっかく年号つけてやってるんだから、もういっそ新メンバー入ったらそれに合わせてグループの良さが際立つように歌割組み直すべきなんじゃないか。オリジナル曲ならまだしも過去の先輩の曲だし、まだやりやすいでしょ。

 

◆さいきょうポイント

 

 ポイントとしては、まずこの曲のキモである年下彼女っぽい愛佳のパートを、なんか庇護欲そそられる森戸と横山に歌ってもらうこと。初々しさと真っすぐさで抜群に可愛いはず。

 それを引き立てるためのお色気&スキル要員な小田・譜久村・佐藤。しっかりリズムを意識して歌ってほしいです。この3人なら絶対できるから。

 変化をつけるためのイケメンお姉さん加賀愛嬌の石田深みのある声質の羽賀清楚なお嬢さん野中。そこにバシーン!と入ってくるワガママで気が強そうだけど可愛い感じの女の子牧野!! インパクトがやばい!!!

 そして実は一番オイシイ、普通の女の子っぽい可愛さの工藤パート。工藤はこういう普通の恋する女の子みたいなのが現メンバーのなかでは一番似合うと思う。この良さがうまく活かされてないのもったいない。

 そして飯窪・尾形・生田で、不器用な女の子の可愛さを表現。スキル要員との対比でさらに際立つ可愛さ。不器用萌え。

 良い!!! みんな可愛い!!!(脳内)

 

 

……と、わりと真面目に考えてみたものの、結局は個人的な好みが反映されてるような気がしてきました^^;

 すんません開き直りますこういう歌割で聴きたいです見たいですお願いします。

笑顔YESヌードに見る、『モーニング娘。‘17、表現力をはき違えているような気がする問題』について。

 

 こんにちは。いきなり不穏なタイトルで申し訳ない。

 アプカミの「笑顔YESヌード」を見まして。

 このブログではあんまり否定的なことは言いたくないなと思ってたんですが、この曲は私の一番好きな曲なのでちょっと黙ってられませんでしたスミマセン。

 

 

◆『笑顔YESヌード』の良さとは

 

 オリジナルのえがヌーの良さ、というか私的な好きポイントをまず語ろうと思います。

 歌詞とかメロディーが良いのは大前提として置いておいて、まず一番は「リズムの気持ちよさ」です。

 この曲って歌詞がセクシーなわりに、リズムがすっごい軽快なんですよね。そしてメンバーの歌い方も。「あ~ん」とか「ウーン♡」とか「アッ」とか「茶ッ!」とか入ってるけど、それもセクシーだけど軽い。軽いけど深い。深いけど可愛い。可愛いけどセクシー!

 歌詞だって、セクシーな部分に惑わされがちですがよく考えればごく普通の女の子の話で、めちゃくちゃ可愛いんですよ。普通の女の子の多くが持ってるセクシーな部分を歌ってる曲なんですよ! ふつうなの!!! 特別セクシーなわけじゃないの!!! ふつうなことがセクシーなんだよ!!! モーニングコーヒーと同じ系列ですよ!!!

 スミマセンなんかうまく言えないんですが……でもこれだけは言えるのが、オリジナルメンバーはこの曲で、露骨なセクシーアピールすることって無かったと思うんです。

 どこまでも軽やかでまっすぐで笑顔で可愛かった。可愛いからこそセクシーだった。見てるとまるで自分の彼女みたいに思えてくるというか、すごく身近に感じられる可愛さとセクシーさだった気がするんです。

 あとは愛佳がめちゃくちゃ可愛かったとか、愛佳のパートが良すぎるとか、あのけだるい声とたまらんリズムとおぼこいお顔が奇跡のバランスすぎてもはや飼いたいとか、そういう非常に個人的な好きポイントが詰まりすぎてるだけなのでこれも置いておきます。

 

 

モーニング娘。‘17のえがヌー

 

 さてここで本題です。

 私がアプカミを見て第一に感じたのが、「みんなリズムおろそかにしすぎてない……?」でした。

 この曲はリズム難しいからとか、そういうのじゃなく。あれ一部のメンバーは明らかに、「リズムを意識してこの歌を素敵に歌うこと」よりも「自分のセクシーさを表現すること、セクシーにこの歌を歌う自分をアピールすること」に注力してますよね。そういった意味でのリズムがおろそか。

 自分の声の響きや吐息に酔ってるからリズムが溜まる溜まる。声もねっとりしすぎててべたべた重たい。ダンスももっと軽く可愛くていいのに、どっしりねっとりしててちょっと下品にすら思える。もうこれは普通の女の子の歌じゃない。夜のお仕事とかやらしいダンサーのお姉さんの歌だわ……というかそもそも歌詞の意味も何も伝わってこないわ……

 あと一部メンバー笑顔どうした……??? え、もしかしてそういう方針??? もうこの曲は笑わないの??? 笑顔YESヌードなのに??? 笑顔の奥のヌードを見てほしい女の子の曲なのに??? 全部笑えとは言わんが、ずっと目を細めた謎のセクシー顔連発するよりは絶対笑顔のほうが良いから!(´;ω;`)

 

 

◆小田、譜久村、飯窪の『表現力』???

 

 ここからはさらに否定的な意見になりますスミマセン。

 この3人の近年の表現、ちょっと、かなり『表現力』というものをはき違えているような気がする。

 小田ちゃんは個人的に‘15までのが良い歌だったと思います。年々歌唱力は上がってる、というか技術的に上手くなってるけど、ここまでドヤられるとちょっと違う。ドヤらなくても小田ちゃんの歌が上手いのはみんなに伝わります。セクシーさや美しさのアピールも、そりゃあセクシーだし美しいけど、でもそれって曲自体には必要のないことが多い気がする。

 ふくちゃんも‘14くらいまでの歌が良かったなぁ。世間的には表現力が上がった!と言われてる声も聴きますが、私的には「自分に酔う力」が上がったな、って感じです。自分の表現に酔ってるからリズムが溜まってくるんだよ。演技といっしょ!

 飯窪さんは謎のセクシーアピールしないほうが絶対に良い。お芝居できるんだから、本来の意味での表現力は持ってるはずなのに、なんでこうなるんや……??? もっと素直にやってくれれば絶対素敵なのに!!!

 工藤、石田、野中、生田は、ギリギリのとこですね。でももっと素直に曲の解釈やリズムを意識して歌えば、もっともっと良くなったはず。っていうかだーいしは‘14のときのえがヌーめっちゃ良かったやん……なんでや……

 

 この曲に関しては、他の12期、13期、14期のが素直な表現だったぶん魅力的でした。歌割が「そこじゃないやろ!」なとこ多々あったんでもったいなかったけどね。もっと個々の魅力に合わせた歌割あるやろ……

 ちなみに佐藤まーちゃんは、きちんと確立された「表現力」としてのあのセクシーパフォーマンスなので、あれはあれでグループとして活かしていくべきだと思っています。それなのに。

 

 

◆佐藤の個性であるセクシーパフォーマンスが潰された

 

 純粋なのがいい! 素直が一番! と常日頃言いまくっている私ですが、まーちゃんのセクシーパフォーマンスはもうそういうレベルじゃないというか、あそこまでやってくれたら文句も無いというか。1人だけああいう抜きんでたことしてくれたら、もうそれは立派な個性で魅力ですよね! その対比で他のピュアッピュアおぼこいメンバーの魅力も際立つし!

 あとまーちゃんの場合、天性の感覚でセクシーを入れてくるのでまったく不快じゃないんですよ。つくられてない、彼女の内面から自然に出てきた歌声や仕草というか。だからこそそこに惹かれるひとがたくさんいるんだと思います。

 それなのに! なぜか他メンバーまでみんな競うみたいにセクシーアピールしまくったら、せっかくのまーちゃんの個性や魅力が潰されちゃうでしょ!!!

 しかもその他メンバーが魅力的に見えてるならまだ良いですが、結果的にみんながゴチャゴチャしてて誰も印象に残らず、たとえるなら油ギットリの揚げ物フルコース食べたあとみたいなしつこさだけが残るっていう……良いとこ無い!

 なので私は、そのなかでちょこっとだけ添えられてたレモンやサラダや大根おろしのようだった、前述の羽賀、尾形、牧野、加賀、横山、森戸に好感を持ってしまいました……。もともと顔が好みなのもあって、もはや加賀ちゃん推しなのかな私?ってくらい加賀ちゃんばっかり見てしまった……。(いままで推しメンという概念は無かったのですが)

 あと牧野と森戸はもっと活かせる歌割があったはず。もったいないなー

 

 

◆もったいない

 

 もうこんな文句ばかり言いながら見るのイヤだし、世間的に見ればすごくいいパフォーマンスなのかもしれないし(実際そういう絶賛意見もたくさん目にします)、私の非常に個人的な好みに反するというだけのことなのかもしれない。それならもう見るのやめれば? っていうかファンやめれば? と言われても仕方ないような気もする。

 でも、なんかもうひたすらもったいないと感じるんですよ。

 好きだったはずの子たちが、美人になって技術も上がって、本当ならより好きになるはずなのに、なんか違う方向にいっちゃったのがもったいない。魅力を活かしきれてないように思えるのがもったいないんです。

 まぁそれも、世間一般の感覚でいくと十分に魅力的で活かせてるのかもしれないんですが……(´・ω・`)

 

 はぁー、なんか、むずかしいな。

 アイドルファンのひとって、みんなこんな葛藤しながら応援してるんでしょうか……。

もしかして事務所がいちばんモーニング娘。‘17メンバーの魅力をわかってないのではと思ったので私が語る。【石田亜佑美編】

 

 メンバーの好きなとこ語るだけシリーズ、あゆみん編です。

 でもこれもあっさりめになるかな……。あゆみんに関しては演劇女子部関連の記事でこれでもかと褒めちぎり語りまくってるから!

 

*あゆみん最大の魅力:愛嬌と演技力!

 

 あれ???そこダンスじゃないの???という声が聞こえてきそうですが……

 いやね、確かにダンスとっても上手なんですよ。でもあゆみんの本当の武器は実はもっと深いところにある演技力(表現力)で、これをうまく使えるようになればダンスや歌ももっと良くなるはず、という意味でのこれ。愛嬌と演技力。

 愛嬌はもう多くは語りません。「可愛い」ってこういうことよ。愛すべき存在。

 文字通りの意味の演技力も、もう語りまくりましたからね……。ステーシーズのころから天才的にカンが良かったから! そのまま真っすぐ演技力を磨いてきてるから!! 大好きですあゆみんの演技!!!

 んで、この演技力をモーニング娘。としての楽曲パフォーマンスに活かしていければ、もっともっと良くなるんじゃないかなと思うんですよね。

 舞台で主役を演じることで自信も実力もついてきたのか、このところ歌声がのびやかになりましたよね。でもでも、舞台のときのあゆみんの歌って、もっと歌詞のパワーがあると思いませんか?

 マイクを持って『アイドルの石田亜佑美』になると、途端に固くなっちゃうような印象があるんですよ。歌への苦手意識が一番の原因かなと思うんですけど、それがすごくもったいない。でもこのあゆみんの気持ち、というか芝居でなくマイク持って歌うと途端にどうすればいいかわかんなくなる感覚、私自身がそういうタイプだったので良くわかります。……って、勝手にそう思ってるだけなので実際にあゆみんがそうなのかはわかりませんが^^;

 私の場合、マイクもって歌うときに芝居のつもりで歌うと、自分でもびっくりするくらい声に言葉や力が乗るようになるんですよ。この曲をもし舞台でやるならどういう設定? どんなシチュエーション? 私はどんな役? これは誰の目線の歌??? などを考えて、舞台で芝居やるときばりに役作りして歌う。これホントにめっちゃ歌いやすくなります。まぁ人によるでしょうし、アイドルとして正しいかといわれればわかりませんが、でもあゆみんはきっとこの方法合うと思う。間違いなく歌も素質あると思うのでもったいない!

 だって考えてみてください。あの美しいキラキラのお顔で、バッキバキに踊れて、しかも歌もうまくて表現がヤバいなんてことになってみ??? なんじゃこりゃパーフェクトかよって思ったところでのだーいし感で完全に人は落ちますよ。

 彼女の演技力は天賦の才といっていいほどだと思います。心のままに台詞が口から出て、心のままに身体が動く。これってホントにすごいことだし、だからあゆみんの芝居はとても自然で、観ていてストレスがない。

 まだ卒業なんて考えたくないけど、いつかはやってくる卒業。その暁にはぜひとも舞台女優への道を進んで欲しいですね。

 

*イジ抱きMVに見る、あゆみん無限の可能性。

 

 と、言いますか……

 

 あゆみんってめっちゃ可愛くね???????

 

 こんな当たり前のことを妙に再確認させられるMVでしたよね、イジ抱き。

 Juice=Juiceはやっぱりかりんちゃんに合わせてつくられてるグループなので、バランス的にあゆみんが浮いてたのもありますが(だからかめっちゃ暗くされてたね)、いやぁでも、あゆみんってこんなダンスうまくて可愛かったのかとほんとうにしみじみ実感した。

 たぶんあゆみんって少人数のほうが輝く子なんですよね。そして楽曲やダンスの方向性も、イジ抱きみたいな「普通の恋する女の子」の歌のほうが似合うし、「シンプルでおしゃれなダンス」のほうがダンスの上手さが際立つ。(ところでJuice=Juiceはイジ抱き路線すごい良かったのになんで不思議な方向に向かっちゃったの???あのおぼこい顔したかりんちゃんが大人びた曲歌ってるのが良かったんじゃないの???そのために周囲を大人っぽい子とか歌声の大人びた子を集めたんじゃないの???こっちが地団駄だよ!)

 くどぅー、はるなんあたりもそうですが、あゆみんは娘。のスケールでかい曲だと良さが隠されちゃう感じがします。ふくちゃん、まーちゃん、小田ちゃんあたりは逆にスケールでかくないと違和感あるタイプ。鞘師もそうだったので、ここ数年はこのへんのメンバーに合わせてスケールでっかくなってんのかな……それともなんも考えてないんかな……

 何が言いたいかと言うと現状あゆみんもったいないので、プッチモニみたいに娘。で少人数ユニットつくってシングル1枚くらい出してみてくれよ……

 と言っても、じゃあどうユニットつくるんだと聞かれたら何も思い浮かばない\(^o^)/ アイドル石田亜佑美としてはやっぱり、鞘師の隣が一番輝くんだよ…… あと女の子としてはくどぅーの隣が一番輝いてるよめちゃくちゃ可愛く見えるよ……

 そういやSATOYAMAとSATOUMIユニットはみんな良かったね。あゆみんも可愛かったのう……

 

*これから向かってほしい方向。

 

 っていうかほぼまとめですね。

 

・演技力を歌とダンスにも活かしてほしい。

・あゆみんもったいないので大人数の娘。だけでなく少人数ユニットであゆみんの魅力を発揮できる場をつくってほしい。

・いつかそのときがきたら舞台女優への道を歩んでほしい。でもまだまだそのときは来なくていい。

 

 こんなところですね。

 あとあゆみんは丸顔なので、まとめ髪するときには顔のサイドの髪を全部ひっつめずに、ふわっとおくれ毛残したほうが絶対可愛い!!

 

 ところで、可愛い女の子の役するあゆみんもまた観たいんですけど、まさかこれからくどぅーコースで男役オンパレードなんてことないよね……???

 ミーマイのサリーみたいな可愛いのが観たいんだよ~~~

なんともいえない感じだった音楽の日。

 

 音楽の日、なんつうかホント、なんともいえない感じでしたね……。

 放送事故はまぁ仕方ないとして置いときます。感想ともつかないようなものですがなんとなく書き連ねますー

 

 

 まずはジェラシージェラシー。

 加賀ちゃんが美人で、良いなぁ好きだなぁと改めて思いました。加賀ちゃんの顔好きなんですよ目元が涼しげで。やっぱ前髪は斜め分けが似合ってて良いですね! 身長あるから真ん中にくるとかっこよくてとても良い! 表情もダンスも良い……永遠に見てられる。

 私はいつも「だからこそ明日に向かう」の3人前に出てくるとこで、「なんでちぇる真ん中にせえへんねん!!!ここはポンポンでちぇる挟むべきやろが!!!!」と全力で叫びだしたい衝動にかられます。あの並び、完全にえりぽんに目線もってかれて端の2人の存在死んでるからねもったいない。

 工藤に良くこういうハット衣装で被らせてるけど、これ工藤の良さを完全に打ち消す帽子だからマジでやめてくれ。顔の形にも似合ってないしそもそも衣装にも合ってないよ!

 曲前・曲間のMCが微妙すぎる……。森戸ちゃん娘。としてのメディア初出演だから自己紹介させんのはわかるけど、でもこれ一般人からしたらあまりにどうでもいいことすぎてポカーンやでたぶん……

 そして森戸ちゃんは案の定うもれてましたね…。「個性のないのが個性」が通るのは6人グループまでだよなぁやっぱ。初期カントリーでは愛嬌の塊みたいなメンバーばかりに囲まれて、愛嬌の無さが個性で逆に可愛いみたいなとこあったし、近年は個性と愛嬌に囲まれて無個性クールなとこが存在感あったけど、娘。の大人数では完全に埋もれちゃうわ……。ジェラシージェラシーは13期というプリキュアにすべてもっていかれてる曲なので尚更だろうけど。

 いっそ小田ちゃんを黒髪に戻して、森戸ちゃんを思い切って茶髪メンにするのもひとつの手なのではと思いましたね。いまの雰囲気ではつっかかりがなさすぎるわ……

 すいません個人的に小田ちゃんは黒髪派なので私情もはさみました。

 

 恋レボあっぷでいてぃっど。

 もーーーーーこれ、もーーーーーーー なんなのこれ

 だーーーれも印象に残らんではないか!!!!!せめてダンスがかっこよく見えるならまだいいけど、全員が何やらダラダラ踊ってぐちゃぐちゃしているだけにしか見えない!!!

 大人数でテレビ出るときは、見せたいポイントを作ってあげないと、カメラ割りも単調で引きのぐちゃーっとしたような画ばっかりになるし、視聴者もどこ観ていいかわかんなくてただひたすら疲れるんだよ! だから某48さんとかのセンターとその他数人だけを思い切り目立たせて他は華を添えるだけの存在と化すポジショニングはある意味正解なんだよ誰もが真ん中見るからね!!!とりあえず真ん中のひとたちだけは印象に残るからね!!!

 ハロプロファンの人間でも、あのぐちゃぐちゃした中から好きな子探すのも一苦労だわ!!!

 あとえりぽんはそんななかせっかくアップで抜かれまくってオイシイ役だったのにびっくりするくらいアッサリ終わらせちゃってホントもったいねえよ……もっと全力でやってくれよお……昔を思い出してくれよお

 

 

 ああーーーなんか結局不満ばかりになってしまった……いや加賀ちゃん美人でそこだけは何の文句もないし大満足ですが。

 歌も安定してて上手だったけどね。自分でもなんでこんな微妙な感想にしかならないのかが不思議だ……

もしかして事務所がいちばんモーニング娘。‘17メンバーの魅力をわかってないのではと思ったので私が語る。【飯窪春菜編】

 はいどうも。メンバーの好きなとこ語るシリーズ、今回ははるなん編です。

 今回はあっさりめになりそうです。なぜかって? 私がいまのところいちばん扱いに不満が少ないのが飯窪さんだからです。いつも不満だらけで記事が長くなるからね!

 

*はるなんの魅力:美しいのにポンコツなとこがあって親近感がわく。

 

 はるなん可愛いです。はるなん美しいです。

 加入当初のピュアッピュア感あるビジュアルも可愛かったけど、本当に見事に美しく歳を重ねてくれましたよね。

 いまのはるなんのビジュアルに文句つける人がいたらほんとにビックリするよ。めちゃくちゃ可愛いよ。

 余談ですが、超一般人でリア充の私の姉が、私が観ていた‘14のコンサートDVDをぼんやり見て「ぜんぜん可愛い子おらんやん。この子(はるなん)くらいやん可愛いの」とのたまったので、「なんでや!!!確かに可愛いけど、でもみんな可愛いやろが!!!」と反論した経験があります……。

 はるなんはトークもしっかりしてますが、それよりも運動神経があんまりよろしくなかったり、なんかちょっと動きが変だったり、あのビジュアルでよわよわへたれっぽいとこ見せてくれるところがとてつもなく好きです。可愛さと面白さが同居してる……

 

*歌唱とダンスの魅力:ポンコツ時代も可愛かったけど、ポンコツ脱出してからも現存するひたむきさが素晴らしい。

 

 もうホントこれに尽きます。

 あの長い手足を持て余して妙なことになってしまっていたポンコツ時代も最高に可愛かったし、ぎこちなさすぎる歌声も最っっっ高に可愛かったですよね!!!!!! 不器用だけど、というか不器用だからこそか歌詞の意味はすごい伝わってきたしな。まぁ個人的に、ああいう「音感は悪くないけど音程制御が不器用で聴いててちょっとハラハラするけど絶望的な不協和音はつくらない歌声」がとても好みなのもありますが。

 あと、不器用ながら何事も丁寧なのが単純に好感持てます。

 そして長い年月をかけてじわじわとスキルアップし、いまや誰も彼女の歌とダンスをポンコツとは言えないレベルになってきましたよね。

 はるなんの良いところは、スキルアップしても純粋さや素直さが失われていないこと。何においても上手に成長してくれました。

 ひとつ言うなら、MVのソロリップシーンでよくやる手振りと表情づくりがもったいないかなぁ。えりぽんとはるなんは一回、リップシーンの手振り封印してみてほしいくらいですね。あと飯窪さんの素敵な表情はもっとほかにもあると思うよ!!!!!もしかしたら編集の問題もあるかもしれませんが、もっといろんな表情が見たいよねえ。

 

 あとおバカねこバカ可愛すぎかよ。

 

*芝居も良い。

 

 はるなんは芝居も良い。

 これについては過去の記事でも語りまくったので、もう細かくは書きません。

 とにかく芝居も良い。とってもいいんです。もっともっといい役をさせてあげてくれ!と切望するくらい。(役に大きい小さいなんて無い、とは言うものの、オイシイ役や印象に残る役というのは確かにあるものです。)

 でもモーニング娘。内では、すでに年齢やら立場やキャラクター的な問題から、おそらくあまり良い役をもらえない。ううーーーもったいない。

 リコリスのゾクゾク感よもう一度……

 

*これから向かってほしい方向。

 

 はるなんには個人でCMに出てほしい。ほらよくある、自動車保険とかのキャンペーンガールみたいなやつとか、清涼飲料水とか!

 モーニング娘。‘17は人数多過ぎなので、グループでCMやったとしてもぜんぜん印象に残らないんですよね。それなら飯窪・牧野の2大一般受けしそうメンバーはバラ売りでCMとかやってくれたほうがグループの宣伝にもなるでしょ。

 事務所がんばって!!!まぁなんかもうそういうのアンジュルムにもっていこうとしてんのかな感はあるんであんまり期待できないんですが期待したいですお願いします。

 はるなん個人のタレント・歌手としての方向性については、いまのままでまったく文句なしです。このまま美しく突き進んでっておくれ……

 

 

 あらまぁあっさりまとまりました!

女優えりぽんを育てるためにはフロルやらせるべきだった気がしたので考えてみた。

  こんばんは。前回の記事でえりぽんの可能性について真面目に考えた結果、「あれ???えりぽんにこそフロルやらせるべきだったんじゃないの???」って思ったので、具体的に考えてみました。

  ところで冷やしから揚げ食ってるえりぽんめちゃくそ可愛かったですね。

 

 

*2016年演劇女子部公演『続・11人いる!』フロルベリチェリ・フロル

 

 説明せずとも……という感じですが、一応。昨年の演劇女子部公演で、工藤と小田が演じた役です。フロル。

 雌雄未分化で、自分では男になるつもりでいる、というかすでに男のつもりでいるけど、おそらくこのままいけばほぼ100の確率で女の子にさせられるだろうと自覚もしている、でもそれに抗おうとしている子。

 

 個人的な話ですが、フロル大好きなんですよ。だからこそ、そもそもこの舞台におけるフロルの役作りにはすこし不満があるのですが……

 役者の演技っていうより、おそらく演出の方向性ですね。

 なんでフロルあんな女子なの?????

 いや、続のフロルはもう女の子になる気満々なの、それはわかる。でもフロルの内面は、自分を「俺は男だ!」って言ったときのまんまだと思うんですよ。そのときのまんま、タダが好きだから、タダのためだけに女の子になろうとしているだけで。

 そういう深いところじゃなく、なんちゅうかこう外面的にも女の子として役作りされすぎてるんですよねー。役割という意味でもね。女の子としての可愛さが強調されすぎてる。歌い方も女の子すぎたしな。

 でもきっとフロルの魅力ってそうじゃなくて、『外見だけぱっと見たら完全に女の子! なのに性格とか口調とか仕草とかは、「俺は男だ!」って言われたら「あぁなんだそうなのか女かと思った」って納得できるくらい男の子で、でもふとした瞬間に女の子っぽさがにじみ出てて「あれこいつほんとに男か……?実は女とか無い???」ってドキドキさせられる』感じとか、『声の出し方やしゃべり方は男の子なのに声質だけが女の子』なアンバランスさだと思うんですよね。フロル自身は自分を女と思ったことはおそらく一度もなくて、自分のふるまいが可愛い女の子とかけ離れていると自覚していて。だからこそ女の子になった未来の自分に自信が持てなくて、タダに愛されているかどうかが不安で言葉を欲しがる。

 そういった意味で、方向性をちゃんと導いてあげればくどぅーも小田ちゃんも、もっと深みのあるフロルができたんじゃないかなとは思うんですが、それよりもっと適任だなと思うのが、えりぽんなんですよね。

 そういえばえりぽん、フロルのカツラかぶってましたね。あれが似合ってたとかそういう単純な話じゃなくてですね。まぁ似合ってたけど、そもそも私あのカツラこそが諸悪の根源だと思ってますからね。女子すぎ、というか女子力高すぎ。

 

えりぽんの素直な演技を育てる絶好のチャンスだったかもしれない。

 

 前回の記事で語りまくったとおり、えりぽんは元々とても良い芝居の素質を持っていたと思います。

 でもそれを腐らせられ、おまけに男役で妙な癖とイップスを植え付けられてしまったえりぽん……でももしフロルを演じられていたら、えりぽんの演技力は躍進的に向上したことでしょう。

 

 私がえりぽんをフロルにおすすめしたい理由がこちら。

 まず、声が可愛いこと。

 まぁみんな声は可愛いんですが、えりぽんの声ってまさに「女の子!」って感じなんですよね。でも、口調は実はそうでもない。ねちっこくないというか、カラッとしていて、そこがすごくフロルっぽい!

 そして何よりやっぱり、「素直な芝居ができる素質がある」こと。

 冒頭のタダからのプロポーズに、喜びつつも戸惑う心。モテモテのタダにヤキモチ妬いてぎゃあぎゃあ騒ぎつつ、本当はとても不安なのにそれを気丈に悟らせまいとしているところとか、とってもうまく表現できると思うんですよね。

 あと、自分を置いていこうとしたタダに怒るとこも、きっとえりぽんなら本気で怒ってくれるし不安になってくれる。

 そして最後の「平和が戻ってきたよ、フォース」が、たぶんめちゃくちゃ素直に言ってくれるからめちゃくちゃ心にくると思う。

 

 ……と、まぁ実際にえりぽんが演じるフロルを見られるわけではなく、私が勝手に脳内えりぽんに演じてもらっているだけなので、本当のところはわかりませんが……

 でも絶対、めちゃくちゃ似合うと思うんですよフロル!!!

 

*タダを探せ!

 

 ただ、このえりぽんフロル、問題もあります。

 

 タダがおらん。

 えりぽんフロルにぴったり合うタダがおらんのです!!!

 

 工藤タダには、えりぽんフロルは包み込めないでしょう。

 最高だったタダみんにもちょっと荷が重い。

 こうなればあの配役だったのにも納得がいきます……相手役がいない……

 でもどうしてもえりぽんフロルが観たい。脳内だけでもいいから完成させたい……タダ……タダ……

 ……鞘師……???

 鞘師だ!!!!!!鞘師タダなら完璧にえりぽんフロルを包み込んでくれる、ありのままを受け入れて愛してくれる!!!!!

 ああああこれだ!!!!!鞘師なら技術面もうまくリードしてくれるだろうし!!!!ていうか鞘師めちゃくちゃタダ似合うな!?!?!? 鞘師がいたら絶対タダとバセスカの2役だったな!?!?!?

 いやでもマジで想像してみてくださいよ。鞘師タダとえりぽんフロル、めちゃくちゃ相性いいですよこれ。

 歌もたぶんめちゃくちゃ良いぞ。えりぽんなら女子になりすぎずにフロルで歌える。鞘師タダの歌声とか誠実すぎて泣ける。えりぽんフロルの「好きだから…」は、技術でなく心で全力でぶつけるように歌ってくれるはず!

 この舞台におけるあの曲は本当なら、荒々しいくらいの男の子っぽい「愛してる」で良いんですよね。でもそれは、内側にある女の子としての母性のような愛から生まれたものでもあって……のちに語られる男と女の強いとこ両方持ってて最強っていう、フロルの性別を絶妙に表現した部分だと思うんですけど、本舞台では完全に女子の「愛してる」でしたからね何度も言うけどもったいない……(くどぅーは可愛いし、小田ちゃんは圧倒的に歌うまいしで感動はできるんだけどね。でももったいないわ。)(原作は流れが違うので置いといて。個人的には原作ものとはいえ、ひとつの舞台として独立して考えるべきと思っています)

 あと役のバランス的には、タダのがフロルより技巧的な歌唱であるべきなんだよなぁ、なんて……。フロルはどこまでも感情的な子なので、タダよりも歌が技巧的だとちょっと違和感ありました。どっちの班もバランス的にはそうでしたね……

 

 というわけで、私が演出なら、絶対にえりぽんをフロルに推します。

 ただし、稽古期間が2カ月、少なくとも1カ月半はみっちりとれて、じっくり役と向き合う時間がとれ、かつタダが鞘師里保であることが条件。

 夢物語と笑われても信じたい……いや夢物語すぎるな……\(^o^)/

 

 そもそもハロプロ舞台には宝塚の路線みたいなものが存在するような気がするので、路線じゃない子は路線の役はもらえないシステムな気がするんですが、それがスゲエもったいないよなー

 

 

 さて、もう一度脳内でタダとフロルに演じてもらいましょうかね……

もしかして事務所がいちばんモーニング娘。‘17メンバーの魅力をわかってないのではと思ったので私が語る。【生田衣梨奈編】

 

 はい。リーダーに続いて、今回はえりぽん編です。

 メンバーの魅力とか言ってますが、結局のところは私がメンバーたちの好きなところを語るだけの企画です。

 まずはえりぽん、お誕生日おめでとうでした! 素敵な1年になることを願ってます(*´ω`*)

 

えりぽん最大の魅力:いっしょうけんめいな笑顔。

 

 私ね、これホントにね、声を大にして言いたいんですが。

 えりぽんのくしゃってなる笑顔、めちゃくちゃ可愛かったのに!!!!!!!!!!!!

 

 はいこの、過去形っていうかくやしさのにじみ出る感じ、わかるひとにはわかってもらえると思うんですけど。

 えりぽんの魅力って、あんな美人さんなのに笑うとくしゃってなるとこだと思うんですよ。いろいろ不器用だけど、いっしょうけんめい自分の立ち位置を見つけようとしていたというか、すこしでも目立つため、そして観ているひとに印象を残すために全力でやってくれるとこですよ。

 だけどここ数年、メディア出演やMVなんかであの笑顔が封印され気味になってしまっていることが、とってもとっても残念です。(MVは楽曲の方向性のせいもありますが)

 真顔だと美人なのにとかいう意見を見ることがありましたが、バカいうな、真顔で美人なのは見りゃわかる。そんな圧倒的美人が、顔の美しさが崩れることを気にかけず全力で笑ってくれるのが良いんでしょうが!!! だからこそ身近に感じられていとおしくなるんでしょうが!!!でもふとした瞬間におそろしく美しい顔をしていることをまざまざと見せつけられ、「ㇶィッ……やっぱり雲の上の存在だった……」てなるのが良いんでしょ!!!!!!!

 えりぽんの笑顔が大好きでほんとうに元気をもらえるので、また昔みたいにえりぽんが全力の笑顔をたくさん見せてくれる日々がくることを切望しています。

 髪型は触覚ないほうがきれいな輪郭が際立つと思います。あとふわふわポニテ可愛いね。まぁえりぽんは何しても可愛いので、眉毛のまったく見えない四角いパッツン前髪と不動の触覚でさえなければなんでもいいです。(ふわふわ揺れるおくれ毛触覚は良し。)腹筋と腕も好きです。

 

・歌唱の魅力:不器用ゆえの素直さ。

 

 もうこれは何回でも語りますが、『ゼロから始まる青春』の「やっぱり平和が良い」最高ですよ。なんやあの素直さ。あの狙ったところのない、技術でうまく聴かせようとかそういうことを全く考えてない、邪念のない歌声!!! そこからのはるなんの「老後も安心ならなお素晴らしい」の流れは私的泣きポイントです。あの曲は何度聞いても泣ける。

 ほんとに、素直っていうのは一番素晴らしいことだと思うんですよ。

 そりゃあ人には歌の上手い下手があります。声の良い悪いもある。でも、素直なのがいちばん心に響くと思います。歌詞がまっすぐ伝わる。ピュアに勝れない ピュアは侮れない ピュアは演じれない ピュアは裏切らない ですよ!!!!(ピュアゆえに穢れた大人の世界に裏切られることはあるかもしれんけどな)

 えりぽんは何となく、歌割なかなかもらえなかったこととおそらく周りから下手下手いわれすぎて歌(と芝居)に苦手意識持ち過ぎてるとこあると思う。あゆみんとかもそうだったけど、あれ軽くイップスやろ……。最近はかっこよく、上手くやろうとしすぎて表情も声もかたくなっちゃってる気がします。事務所の面々、もっとメンタル面気を遣ってやってくれ……!!!! なんなら私が歌を褒めちぎりにいきたい。ボイトレも必要かもですが、まずはメンタル面だと思う。娘。みてて思うのは、歌唱の指導がへたくそなんだなーってこと。ボイトレの技術どうこうはわかりませんが、導く力がへたくそ。個々の良さを生かしつつのびのび歌わしてやれ。なんでみんなだんだん元々の良さが潰されてくるんだよ。なんでみんな窮屈そうな、もしくは妙に酔った歌声になっちゃうんだよ。これはちゃんと導く人間がいないせいだよ!!!!

 グループなんだから、全員が上手に、ソロ歌手みたいに歌える必要はありません。個々のキャラクターや声の魅力を熟考して育ててやってくれマジで……

 

・とても素直な芝居の素質があったのにうまく育ててくれなかった事務所に私は殴り込みにいきたい気持ちです。

 

 いきなりの暴言すみません。

 ステーシーズでね、えりぽん玉代ちゃんを演じてたじゃないですか。

 玉代ちゃん最高だったからね。

 先生との軽快なやりとりもそうですが、なんといっても幽霊になったドリューが出てきてからのやりとりな……!

「うん、わかる。わからないけど、わかるよ」

 この台詞のピュアさが、あのシーンの空気感を作っている。あのシーンがあんなにも感動的で胸にくるのは、えりぽん玉代ちゃんをやってるからです。(もちろん他の配役も良かったからだけど)

「男の子とのファーストキスの練習台になってくれてありがとね」

に対する、

「いいの。ごちそうさまでした」

 ね!!!!!!!

 そんで先生が撃たれたときの「先生死んじゃった! 先生死んじゃったわ!」のキャハハ感な……なんやあれ切ないよ……あれを「うん! 私は先生に再殺してもらう!」まったく同じテンションで言えちゃうところがニアデスハピネスの切なさだよ悲しみだよ……

 えりぽん玉代ちゃんは、どこまでもピュアで、ピュアゆえに残酷で、彼女がいたからこそニアデスハピネスというものが成り立っていたような気さえします。それは、えりぽんが不器用ながらいっしょうけんめい芝居というものに向き合ってくれたからだと思います。技巧に逃げるんでなく、心で芝居してたね。好き。

 あと、アンサンブルのステーシーとして歌って踊るとき、ずーっとステーシーとしてその場にいたのは、えりぽん・あゆみん・鞘師・飯窪さんくらいだったからね。他の子たちはちょいちょい、歌ったり踊ったときに素のアイドルが出てたけど、えりぽんはずーーーーーっとステーシーの顔してたからね。

 ステーシーズのときは、声もすんなり自然に出せてたし、台詞も早口の気はあったけどなめらかだった。ただまぁ玉代ちゃんはニアデスハピネス状態ということで役として特殊だし、今後もっといろんな役を経験させてじっくり育てれば、すごくいい役者になったと思うんですよ。

 なのに!!!!!そこから長いこと舞台で干され、久々にやってきた役が男役ですよ!!!!!!!

 なんでえりぽんに男役させたの!?!? あーあーあー!!!!!これ軽くイップスだから!!!!自信なくて早口になっちゃってるから!!!!かっこよくしようとして気が焦っちゃってるから!!!!

 ほんとは素質がある子なのに……と悲しみしかなかったんですが、ファラオの墓のマリタはすごい絶賛されてたみたいなので(未観劇)、DVDで観るの楽しみにしてます。でも結局「もっと演技力磨けるような役にしてあげてよぉ!!!」って言いそうな自分が見える……

 えりぽんは第二のヒロインくらいのポジションが実は似合うと思ってます。イケメン??? いいえ、えりぽんは女の子だから。

 

・これから向かってほしい方向。

 

 先ほどからのまとめになりますが……

 

 全力で笑ってほしい。

 歌も演技も、のびのびとできるメンタルと環境をつくってあげてほしい。(事務所)

 

 こんなところですね。あれ、要求ばっかだな。

 あと、おそらく一番先輩で年長組なこともあって、大人っぽくあることを求められてるのかもしれないんですけど、個人的にはえりぽんは自由にやってスベりまくってた頃がめちゃくちゃ可愛かったなって思います。「残念な美人」だけどそこがいとおしい。圧倒的美人なのにちょっと残念なとこがあるからこそ愛嬌が生まれるんじゃないか!!!

 道重が卒業してからのモーニング娘。は、どうもイジリかたがへたくそというか……。ボロカスいったり雑な扱いしたり冷めた対応をすることが面白いイジリじゃないんですよね。そういうイビリやイジメとと紙一重なものは見ててストレスが生まれるので、もっと愛のあるイジリを学んでいってほしいです。まぁそれは根底に愛があるかどうかにもよりますが……。だって、心の底からアホだなって思ってる子に対して「アホか!」って言うのと、アホなとこが可愛いなって思ってる子に「アホか!」って言うのとでは、本人の受け取り方も変わってくるし、傍目の印象も絶対ちがうからね。

 えりぽんにはそういう愛のあるイジリを全身に浴びて、「もー、みんなもっと優しくしてよおー!」とか言っててほしい……  まぁ、先輩になっちゃったから難しいのはわかるんだけどね……(12期入れるのをあと2年、せめて1年待って、気兼ねなくイジれる関係性をしっかり確立しとくべきだったと本気で思います。12期入れるの早すぎたんや……)

 

 結論:素晴らしい素質の数々を、大切に育ててあげてくれ。

 

 なんならほんと私が褒めちぎりたい。いいところを褒めちぎりつつ、向かうべき方向に向かえるようにアドバイスしてあげたい……一般人が何言ってんだって話ですが。